四国に住むわたしたちが、世界中から来るお遍路さんを応援します。

LOOP88四国

日本語中国語

LOOP88からのお知らせnews

「2018年7月」の記事一覧です。

2018-07-02 14:35:31

平成30年度「受入態勢の整備」部会に参加!

 平成30年6月26日(火)高松サンポート合同庁舎にて、平成30年度「受入態勢の整備」部会が開催されました。部会は、札所周辺及び遍路道の保全・整備や景観形成を進めるため、国の関係機関からの関連施策の情報提供等を踏まえ、市町村・県等のお遍路を活かしたまちづくり・地域づくりに係る取組を具体化し、関係者間で連携しながらこれらの取組を推進していく目的で設置されています。
 今回は、NPO法人遍路とおもてなしのネットワーク 事務局長 宍戸栄徳氏より「サンティアゴ巡礼・冬の道を巡礼して -四国へんろが学ぶこと―」と題した基調講演が行われました。スペインのサンティアゴ巡礼沿道の自治体や地域の取組は四国遍路が学ぶべきことが多くあると感じました。
 議事においては、四国4県からみち案内表示シートの設置状況及び今後の設置推進について報告があり、部会構成員各々の活動報告及び活動計画についても報告がなされました。

【平成30年度「受入態勢の整備」部会 議事次第】
1.部会長挨拶
2.出席者紹介
3.議事
 (1)「受入態勢の整備」部会運営規定の改正について
 (2)みち案内表示シートの設置状況及び今後の設置推進について
 (3-1)平成29年度活動報告及び平成30年度活動計画について
 (3-2)トイレ表示ステッカーの作成について
 (4)遍路道における維持管理態勢の構築に関する検討方針(案)について
 (5)世界遺産登録推進協議会事務局からの情報提供
 (6)意見交換
4.閉会